ダウ平均株価が上がりっぱなしで、年始まで続きそうな気配がしていますね。

最近は2017年5月に始めた不動産投資とは別の投資方法として

ダウ平均株価の動きに着目してFXを始めてみました。

不動産投資に興味がある方のために、購入した不動産投資物件の概要を簡単に紹介しておきますね。

不動産投資初心者の方へ向けて不動産投資の始め方を記事にしていますのでよろしければご覧ください。

→不動産投資初心者の始め方 サラリーマン大家になるまでの体験記

今回FXを始めるのには、不動産投資とFXへの投資といった複数の投資方法を組み合わせる事で、リスクを分散させるという狙いがあります。

この記事ではFXの基礎知識、FXを始めようと思ったきっかけと、FXを始めるにあたり口座開設から入金・注文までの流れについて説明します。

そもそもFXはどのような投資方法なのか

FXと言われても、そもそもFXがどのような投資方法なのか分からない。という方のために、FXについて簡単に説明します。

日本円を外国の通貨に換える取引を「外国為替取引」といいます。

そして日本円を米ドルに換えることを「ドル買い」と呼びます。日本円を米ドルに換える時には為替レートによって、米ドルを買うために必要な日本円は変わってきます。

また、米ドルを日本円に換える時も同じです。

この価格変動に着目して取引する投資をFXといいます。

ここまで聞くと外貨預金と何が違うのかという話になってくるのですが、外貨預金との違いは多くあります。

ここでは投資という観点に絞ってFXと外貨預金の主な違いを5つ紹介します。

FXでは外貨預金と異なり

  1. 土日を除く24時間取引が可能
  2. 取引レートが24時間変動
  3. スワップ金利を毎日受取
  4. レバレッジ運用が可能
  5. 手数料が安い

となっていて、外貨預金より投資方法として優れていると言えます。

ただ、FXは『怖い』というイメージがありませんか?

その理由は、上記の4で述べているレバレッジ運用が可能だという所にあるのではないでしょうか。

実際に保有している金額以上の運用が出来る事で、得をした時に大きく得をする人がいる一方、損をした時に大きく損をする人も増えるのです。

大きく損をした人がニュースやネットで紹介されると『FXは怖い』というイメージがついてしまうからだと考えています。

裏を返せば、レバレッジを利かせずに運用すれば、上記の3.や5.のスワップ金利や手数料の関係から外貨預金よりも安全であるとも言えるのです。

はじめにも紹介しましたが、私は不動産投資をしています。

しかし、初めての不動産投資物件を保有してから、自分の投資基準に合致する2件目の不動産投資物件が中々見つからない状態が長く続いていました。

そのような時に、他の投資方法としてネットサーフィンであるサイトを見たことがFXを始めるきっかけとなりました。

FXを始めようと思ったきっかけ

投資方法として不動産投資以外の方法を検討している中で

→米ドル円FX積立投資をはじめてみます。~金利スワップ狙いでFXドル預金を実践~

という記事を見つけました。

この記事で

外貨預金はFXと比較すると

  • 手数料が高く
  • 金利も低い

と紹介されており

kai
よし、少し自分でも色々調べて、納得出来たら始めてみよう

と思い、書籍やネットサーフィンを利用して知識と情報を集めました。

自分なりにある程度調べた結果、FXを始めてみても良さそうだと思えました。

為替レートの変動は政府の政策や金利などの様々な複雑な要因によって決まります。それも2国間の要因が絡むので、将来を予測する事は困難です。

そのため、アメリカ経済が良くなればドルの力は強くなるというシンプルな考えでスタートしようと考えました。

アメリカ経済の代表的な指標はダウ平均株価です。ダウ平均株価の上昇局面では、ドルを買う動きが強くなると考えた事も要因の一つです。

なお、ダウ平均株価の月次推移は以下の通りです。

kai
少額でレバレッジをあまり効かせず運用するのであれば、株式投資とそんなにリスクは変わらなさそうだ。

紹介した記事の中では、どのFX業者が良いかという比較されていました。

そのため、サイト主もおススメしていたマネックスのFXで口座を開設してみる事にしました。

マネックスにしたのは、スプレッド(取引の手数料)が最も低かった事が理由です。

のちのち取引回数が増えていくような気がしているので、自分に一番合っていそうです。

口座開設 基本入力項目は3分で完了

それでは、マネックス証券の口座開設をしてみます。

まずは

→マネックスのFX口座開設サイト

からサイトに入ります。

口座開設はこちら(無料)

という項目があるのでクリックします。

すると

  • 注意喚起文書・契約締結前交付書面
  • 書面の電子交付
  • 告知書
  • 反社会的勢力でないことの確約に関する同意
  • 金融先物取引業務に従事していないことの確認
  • 店頭外国為替証拠金取引(マネックスFX)についてのご確認
  • 特定取引を行う者の届出書(居住地国に関する宣言)

について同意・確認等を求められるので、同意・確認等を行います。

その後に

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 連絡先
  • メールアドレス
  • 職業
  • 米国の外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)に係わる確認→米国市民(米国籍又は米国永住権保有者)または米国居住者に該当しなければNoを選択。

これらの項目を入力します。

後は、円口座の入力が必要ですので、利用している金融機関の通帳を用意しておきましょう。

また、年収等の確認事項がありますが、基本的には何も準備しなくても入力・選択が出来る項目ばかりです。

これで入力内容は完了です。

なお、最後に本人確認書類等が必要ですので写メをとってアップロードする必要があります。

アップロードが完了すると

メールで口座開設手続完了の旨と登録住所へ本人限定受取郵便(特定事項伝達型)にて「口座開設通知書」が送られてきます。(1週間かからないくらいで届いたと思います。)

次は口座にログインして入金してみましょう

口座開設通知書を受け取ったら、口座に入金する事が出来ます。

まず、マネックスのサイトに入りましょう。

→マネックスのサイト

リンクをお気に入りに入れておくと便利ですね。

サイトに入れば右上にあるログインのタブから、「口座開設通知書」に記載されている

  • 口座番号
  • パスワード

を入力してログインします。

(ログイン方法)

ログインが出来れば次は入金です。

(入金方法)

  1. タブの右上の「口座管理・設定」をクリック
  2. 上記タブの下の「クイック入金」をクリック
  3. 金融機関を選択して、入金金額を入力

最後に「クイック入金確認」をクリックして入金が完了になります。

入金が終われば注文を出してみよう

入金が完了となれば、いよいよ注文です。

私は口座開設から入金まではある程度スムーズに出来たのですが、ふと

kai
あれ?注文方法って良く分からない。

となりました。

株式投資もしているので、「成行」や「指値」で株式の購入や売却をしています。

ただ

kai
これって株式投資と一緒の感じでいいの?

みたいな感じになりました。

まぁ、当たり前ですけど、まず株式投資を行っているサイトの注文画面とも違いますしね。

そこで色々調べたのですが、今回は「IFDOCO(イフ・ダン・オー・シー・オー)注文」という注文方法が良いなと考えました。

FX初心者がする注文の王道は、「成行」、「指値」、「逆指値」のようです。が、少し調べれば直ぐに注文できそうです。そのため、様々な注文方法の中で

理解しづらい

かつ

ずっと画面に張り付いていられないサラリーマンや育児中の方

にとって一番メリットがありそうな

「IFDOCO(イフ・ダン・オー・シー・オー)注文」をしてみます。

この「IFDOCO(イフ・ダン・オー・シー・オー)注文」は新規注文から決済まで、すべて自動的に売買する注文方法のことです。

という事は、メリットは

  • 指定したレートで正確に取引出来る
  • 予想とは逆方向に動いた時に、自動で損失額を最小限に抑えることが出来る

という事になりそうです。

忙しいあなたもリスク回避をしながら、利益を狙っていくことが出来るんですね。

それでは、実際に注文してみます。

新規注文タブからIFDOCOを選択すると、注文入力画面になります。

今回は、複合1次注文の欄で

  1. 一般的なドル円で
  2. 買い注文を
  3. 価格を指定して

注文します。

同時に複合2次注文の欄で

  1. 売り注文を
  2. 指値で円安ドル高(112円が113円に変わる方向=得する方向)に価格を指定して
  3. 逆指値で円高ドル安(112円が111円に変わる方向=損する方向)に価格を指定して

注文します。

これで、次へ進んで確認画面で確認したら注文完了です。

ここで、注文数量や評価証拠金等『??』となる項目が出て来ています。

初めに全て理解しないと気が済まない方は、調べてから注文した方が良いと思います。

ただ、最低注文単位の1,000通貨であれば今の為替であれば11万円程度の現物枠内での投資になります。つまり、レバレッジを効かさず(リスクを抑えられる)取引ができます。

取りあえず始めたい!

と思う方は、注文数量1,000にして注文してしまいましょう。

私の場合は、画像の通りに「IFDOCO(イフ・ダン・オー・シー・オー)注文」が完了しました。

ここまでの一連の作業をやってみての感想は

kai
色々調べながらすると、時間がかかったなぁ。

サイトで口座開設を申し込んでから口座開設通知書が届くのも時間があるし、ログイン後に入金しても注文方法を調べるのに時間がかかる。

マネックスでFXを始めるのに、公式サイトやその他のサイトも注文までの一連の流れが書いてあるサイトが見つけられない。

注文までの一連の流れが必要最低限の情報を元にわかりやすくまとめられてたら良いのになぁ

でした。

実際に自分がした事を今回の記事にまとめましたので、この記事がマネックスでFXを始める方の役に立てば幸いです。

まとめ マネックスでFXの口座開設、入金、注文をしました

今回の記事では

  1. FXの最低限の知識を学び
  2. FXを始めたきっかけの紹介と
  3. マネックスでFXの口座開設を行い
  4. 口座へ入金を行い
  5. 注文を入れる所まで

注意点やポイントを踏まえながら、マネックスのFXで取引を行った場合の実際の画像を利用して一連の流れを紹介しました。

マネックスのFXは手数料が安いので、取引回数が多くなりそうだと思っている方にはおススメします。以下のリンクから口座を開設できます。

→マネックスのFX口座開設サイト

投資は面白いです。きちんと知識と情報を身につければある程度のリスクは抑える事が出来ます。

また、つまらないと思ってしまう毎日が充実していく気がしています。

仕事も、家事も、育児も、恋愛もいずれは慣れて日常となり刺激が少なくなってきていませんか?

そんな日常を、投資を始める事でドキドキ、ワクワクしたものに変える事が出来るのです。

ただし、どれだけ知識と情報を身につけても

投資には必ずリスクが付きまといます。

必ず成功する投資はありません。

不動産投資や株式投資、今回のFXも私はおススメしますが

投資を始める時は、自己責任でしなければならない!

という事は胸に留めておきましょう。

また、収支報告もしていこうと思いますので見て頂けると嬉しいです。