「かたぐるましてー」

息子の最近のブームは肩車で、外に出る時は玄関前から騒ぎまくって、肩車しない限りは動かない3歳8か月の長男と生後3か月の次男を持つ、サラリーマン大家のkaiです。

今回の記事では3月に不動産投資から得た所得公開を中心に

  • 株式投資の運用実績
  • 2019年3月の不動産投資に関する出来事
  • 日常生活の出来事

等を書かせていただいています。

前回の不動産投資の所得公開ブログ記事はこちらです→不動産投資の所得を公開します【サラリーマン大家kaiのブログ2019年2月】

2019年3月時点の不動産投資所得内訳を公開します

それでは、2019年3月の不動産投資所得内訳を公開します。

201903不動産投資_収支内訳書

※確定申告でも利用出来るように、収支内訳書の形式でエクセルを作成しています。

表の中の「所得金額」欄が不動産投資物件自体から生じた所得です。

なお、3月は何も問題は発生せず順調に家賃収入が入ってきました。

結果として

3月は6,707円の損をしました。

所得金額がマイナスの場合は確定申告時に損益通算という税務上の処理を行います。

この損益通算によって支払う税金を安くすることが出来ます。

この中には雑費は含んでおらず、別のエクセルで集計しています。

※損益通算とは…所得金額の計算上生じた損失を給与所得等の金額から控除することです。その結果、支払う所得税・住民税を少なくする事が出来ます。

2019年3月時点の不動産投資からの所得はマイナスでしたが、手元に残るキャッシュフロー(CF)はプラスとなっています。

2019年3月時点のキャッシュフロー(CF)は以下の通りです。

201903不動産投資_CF

不動産投資から回収した資金は繰上返済するようにしています。

なお、繰上返済のタイプは、繰上返済額を元金・利息の合計額として扱っています。

繰上返済をしている事で、画像からは実質的な1ヶ月の手残りキャッシュフロー(CF)があるのか通帳では分かりづらいため、繰上返済をしなかった場合の1ヶ月の手残りキャッシュフロー(CF)をお伝えします。

  • 回収分・・・63,920円(修繕費は家賃収入と相殺)
  • 支払分・・・元金と利息合計で43,593円、管理費6,140円
  • 手残りキャッシュフロー(CF)・・・+14,187円

不動産投資からの手残りキャッシュフロー(CF)は今月もプラスで終える事が出来ました。

インカムゲイン(家賃収入)を狙って、不動産投資を行う方のポイントは

CF(キャッシュフロー)をプラスにして、損益をマイナスにする事です!!

CFと損益のどちらもマイナスにならないようにしましょう!

株式投資の運用実績 株価は膠着の様相

続いて株式投資の運用実績について報告します。

米中の貿易リスクは収まって来ていますが、EUの合意なき離脱の行方など、まだまだ不安定な経済状況です。

日経平均は21,000円~22,000円のレンジで概ね動いています。

このような中、2019年3月の運用実績率は以下の通りとなりました。

kai
今年は一般口座が無いので、NISA枠と特定口座で運用していきます。日常サラリーマンだけをしていると、気が滅入るので不動産投資や株式投資から刺激を貰っています。基本的に信用取引はしない方針です。リスクを抑えてコツコツとが信条なのですが、周りから見るとリスク許容度が高いようです笑

思ったように伸びてはいかないですねー。この利回りなら、不動産投資のローン返済に回した方がましですね。。

損益が年間+2%を超えないようであれば、タイミングを見て株式投資の残高を不動産投資のローン返済に回すことにします。。。

201903不動産投資_株式投資

2019年3月の不動産投資に関する出来事の振り返り

次に2019年3月の不動産投資に関する主な出来事について振り返りをします。

最も大きな出来事としては、東京に本社を置く不動産会社のT-trustとの面談を行い、多額のローンを抱える不安から2件目のワンルームマンションの取得を断念しました。

→2件目ワンルームマンションの取得を断念 ローン残債が6千万円を超える恐怖

合わせて、不動産投資において収支計画をしっかり立てる事が出来れば、多額の借金を抱える不安を解消できる。

という記事も紹介させていただきました。

→不動産投資の不安は多額の借金 収支計画を立てれば怖くない

また、保有しているワンルームマンションについて売却査定を出した結果を実体験を元にまとめた記事も公開しました。

→ワンルームマンションの売却査定額を教えます。売却適正価格はいくらなのか?

993万円という、現実を突きつけられています。

やはり、保有している物件の地域周辺開発などのトピック事項が入らなければ、購入してすぐの売却ではキャピタルゲイン(売却収益)を出すことは難しそうです。

相対取引(直接、持ち主である個人から購入)ではなく、不動産会社を使っての取引では、10年くらい保有し続けられてキャピタルゲインが出せるのではないでしょうか。

第1子(男の子)の寝相が悪い

今回は、第1子の寝相が悪いというお話です。

我が家では

私と第1子が私の部屋で寝る。

嫁と第2子が嫁の部屋で寝る。

という就寝スタイルを採用しています。

第1子とは、私の部屋で機関車トーマ〇やアンパンマ〇の動画を見ます。

動画を見せている要因もあるのか、夜に中々眠たくならないようです。

そのため、寝るのは夜の10時を過ぎる事も多々あります。

そんな第1子の寝相が

第1子の寝相

kai
片足落ちてますけど!!

良くこの体制で熟睡出来るなぁと感心します。

まとめ

今月も昨年に続き不動産投資から得た所得公開を中心に

  • 株式投資の運用実績
  • 2019年3月の不動産投資活動
  • 日常生活の出来事

を紹介させて頂きました。