不動産投資初心者の方にも、確定申告に役立つ情報となるように私の収支内訳書(不動産所得用)キャッシュフローを公開します。

個人で不動産投資を行うと、確定申告が必要(年1回、1月から12月分をまとめて3月15日までに提出)です。

また、確定申告の際に収支内訳書(不動産所得用)の作成が必要です。

収支内訳書(不動産所得用)は確定申告で必要なフォーマットに合わせて作っているので、初めて作成する方は同じように作れば問題ありません!

その前に、月のまとめ記事という事で、2017年6月に公開した記事を一覧にしてみます。

2017年6月の公開記事の一覧

2017年6月は色々記事を書きました。

初めての不動産投資物件を購入したGA technologiesに大阪支社が出来たので、その時の内容なんかを記事にしました。

→不動産会社のGA technologies大阪支社に伺ってきました。

その他にも、セカンドオピニオン関係の記事を2本書かせてもらいました。

人生で大きな買物となる不動産。

1社だけの話を聞いて決めるには、やはりリスクは高いので主観の入らない第3者の目が必要です。

→不動産のセカンドオピニオン 経験と知識からわかった2つのメリット

→オーナーズライフの評判 実際にセカンドオピニオンとして申込みしてみました

→オーナーズライフと実際にやりとりをした感想と評価

その他にも2件目の物件取得を目指して、新たな不動産会社を巡った記事等を公開しました。

→大阪の不動産会社リアールの評判 希望の不動産投資物件を求めて面談へ

→大阪の不動産会社ゼストエステートの評判 2物件保有を目指して

→大阪の不動産会社ゼストエステートとのやりとり2 2件目の区分マンションは中津

→楽待の口コミや評判について検証してみる 大阪北区の所有物件を売却査定

 

参考に見てもらえると嬉しいです。

2017年6月時点の収支内訳書

では、本題の2017年6月の収支内訳書を公開します。

所得金額が不動産投資物件自体から生じた所得です。

3,631円分損しました。

損した分を損益通算という税務処理を行う事で、所得税や住民税を安く抑える事が出来ます。

一方、これだと損しとるやないかい!!ってご指摘があるかと思いますが、キャッシュフローではちゃんと儲けているんですよ。

2017年6月時点のキャッシュフロー

実際の2017年6月のキャッシュフローは以下の通りです。

20,187円分のお金が増えました。

つまり、払う税金は少なくなって、手元に入ってくるお金は増えたという状況です。

まとめ

今回初めて、月の損益とキャッシュフローを公開しました。

今後も月次でお伝えして行きます。

2017年6月は特に問題も発生しておらず、順調にお金が入ってきました!

次の目標は2件目の物件保有です。

1件目を購入した事により、さらに条件が良い物件を探しているので中々見つける事が出来ないですが…

2017年5月に、サラリーマン大家として初めての不動産投資物件を購入した時の記事はこちらです。

→ついにサラリーマン大家になりました!実際に買った不動産投資物件の詳細を公開します!!

それでは、また!

2017年7月の収支公開記事はこちらです。→不動産投資の所得(収支内訳書)を公開します!【2017年7月】