「トミカ♪トミカ♪プラレールー♫」と歌うと、最後の「カ」と「ル」だけ一緒に歌ってくれる2歳の息子を持つkaiです。

最後にはおもちゃのマイクを出してきて、真剣に練習していた姿が可愛くて思わず動画におさめました。

前回の所得公開記事はこちらです→不動産投資の所得(収支内訳書)を公開します!【2017年10月】

NISA枠内を超えた株式投資をしていますが、日経平均株価の小幅な動きと同様に保有している株式にも特段の変化はありませんでした。

そして最近、嫁とジュニアNISAを始めようかという話をしています。

その場合、年間投資限度額の80万円の半分づつを、お互いの貯蓄から捻出して運用する事になります。

どちらが、上手く運用できるか勝負するように楽しみながら教育資金の余剰分を貯めたいですね。

話は変わりますが、11月は“東条湖おもちゃ王国”に行って来ました

東条湖おもちゃ王国は、兵庫県にあるレジャー施設です。乗り物の中ではトーマスやパーシーに食いつき、室内ではプラレールに夢中になっていました。

嫁も子供も満足そうで、こういう日がもっと多く作る事が出来ればなぁなんて考えています。

kai
いつか、一緒に遊んでくれなくなるんだろうなぁ

とか少し思いました。

2017年11月の振り返り

それでは11月の不動産投資に関する振り返りをします。

1つは不動産投資を行った際の確定申告についての記事

もう1つは、アパート経営の勉強のためにシノケンという不動産会社と面談を行った記事

の2つです。

(不動産投資の確定申告初心者が知っておくべき事 要約)

不動産投資を始めたのは良いけれど、確定申告が必要な事すら知らない人もいると思います。

確定申告は所得が生じた場合には原則として行わなければなりません。

例外として独身で誰も扶養しておらず不動産所得が38万円以下なら、基礎控除と呼ばれる控除で差引所得が0円となります。この場合には確定申告をしなくても税務署から税金を払えと言われる事はありません。

あなた
不動産投資物件の購入をしたけど、仲介手数料や固定資産税や減価償却費なんかの経費を足したら結構な支出金額になるよ。

収入なんてあまりないから1年間を見たら差引所得はマイナスだよ。

だったら面倒くさいし、確定申告なんてしなくても良いや!

と考えているあなたには朗報です。

不動産所得というのは

損益通算

という節税方法があります。

不動産所得でマイナスになった金額は、サラリーマンであれば給与所得から控除してくれる仕組みです。

所得税と住民税で20%程度支払っている方は

およそマイナスとなった金額×20%の税金が還付されてくる

のです。

損益通算という節税方法を有効に利用するためには、不動産投資の所得を得るためにいくらの経費がかかっているかを把握した方が良いですよ。

という動産所得に係る確定申告の記事を書いていますので、良かったら参考にしてみて下さい。

→不動産投資の確定申告初心者が知っておくべき事をまとめました

(シノケンの不動産担当者との面談 要約)

不動産投資に際して2件目を探しているんですが、中々自分の投資基準に合致するような物件が見つかりません。

そのような中でアパート経営はどんなものかとシノケンという会社に資料請求を行い、担当者と面談を行いました。

  1. 不動産業者シノケンの会社概要と面談を行う事になった経緯→TVCM等でも有名なシノケンに、無料資料請求を行った事で面談に至りました。
  2. 面談前 メールと電話のやり取り→電話では無理矢理営業されているといった感じはなかったです。
  3. 面談内容 融資と会社概要説明→自分の知識・情報不足で1棟新築アパートが良いか悪いか判断出来なかった。
  4. 面談内容 大阪の1棟アパートについての説明→嫁との意見は対立しました。
  5. シノケンの評判 無料資料請求から不動産担当者と面談 まとめ

といった事について書かせてもらっています。

当該記事は以下のリンクで紹介しますので、よろしければご覧ください。

→シノケンの評判 無料資料請求から不動産担当者と面談を行った感想

面談を受けてみて、感想はどうだったのかをまとめると

  • シノケンでは融資はおりるので新築1棟アパートに手を出す事は出来る。
  • リスクを低く抑えると、新築1棟アパートでもキャッシュフローは思ったほど出ない。
  • 担保価値を取るなら新築1棟アパートはあり。
  • 区分所有マンションと視点が全く異なる事が理解出来た。
  • 中古の1棟アパートを探す時の基準となるものが自分の中に知識として蓄えられた。

といった感じです。対応してくれた担当者の方はとても良かったですよ。知識も経験も豊富ですが、こちらに押し付けてきたりしないスタンスでとても好感は持てました。

新築1棟アパートを検討しているのであれば、シノケンはおススメ出来ます。

興味のある方は以下のリンクから無料資料請求を行い、担当者とアポを取って話を聞いてみてはいかがでしょうか。

勿論、しつこい勧誘はなさそうでしたので資料だけでも見たいという方にもおススメです。資料の中に10分程度で読める155Pの漫画があるのですが、これだけでも価値があると感じました。

→シノケンの不動産投資に関する無料資料請求

2017年11月時点の収支内訳書

それでは、2017年11月の所得内訳を公開します。

表の中の「所得金額」欄が不動産投資物件自体から生じた所得です。

6か月で145,604円分損しました。

10月に不動産取得税の支払いがあったので、通算の所得金額は大幅にマイナスになっています。

所得金額がマイナスの場合は確定申告時に損益通算という税務上の処理を行います。これにより、所得税・住民税・保育園料の減額でおよそ年間30万円程度の支払額の減額を見込んでいます。その他、育児手当を5,000円/月に減らされる事がなくなるため、年間12万円の収入が増えると考えています。

※損益通算とは…所得金額の計算上生じた損失を給与所得等の金額から控除することです。

2017年11月時点のキャッシュフロー

実際の2017年11月時点のキャッシュフローは以下の通りです。

先月は特にキャッシュフローの大きな動きはありませんでした。

という事で、通帳上は85,686円の残高になっています。

しかし、先月の不動産取得税の支払いで88,900円を別口座から捻出しているので、こちらも加えると

6か月で3,214円分のお金が減りました。

つまり、損益がマイナス(-145,604円)となったことにより払う税金は少なくなり、キャッシュフローもマイナス(-3,214円)となった事により手元に入ってくるお金も減ったという状況です。

まとめ

今回も先月に続き月次損益とキャッシュフロー、11月のまとめ記事を公開しました。

2017年11月も順調にお金が入ってきました!

しかし、先月は不動産取得税の支払いがあったのでトータルキャッシュフローはマイナスです。

この分であれば初期費用の支払等と保育園料・育児手当・損益通算による節税効果を含めると、当年度はキャッシュフローは想定通りトントンになりそうな見込みですね。

年末年始は領収書を集めて、確定申告書をある程度仕上げる事に1日くらい使ってしまうんじゃないかと思います。

私が確定申告で対応する項目を列挙しました。

  • 不動産投資
  • 株式投資(NISA枠外)
  • FX投資
  • ふるさと納税
  • セルフメディケーション税制
  • 住宅ローン控除

12月にFX投資を始めたので、確定申告で対応する項目が増えました。

FX投資を始めた記事も書いています。口座開設まででなく、注文する所まで書いていますのでFXに興味がある方は一度ご覧頂けると嬉しいです。

→ダウ平均株価上昇に伴いマネックスでFXを始めてみました~口座開設から、入金、注文まで~

また、住宅ローン控除ですが住宅ローン会社から残高証明書が届かなかったので年末調整に間に合いませんでした。再請求を住宅ローン会社にしているところなので確定申告で対応しようと思います。税金の還付時期が遅れるという事です。

還付金がなくても、次の不動産投資物件取得の頭金は何とか出来ると思うので別に良いのですが。

次の収支報告は年明けになります。最後もきっちり入金された状態で年始を迎えたいですね。

次の記事は以下のリンクからどうぞ。

→不動産投資の所得(収支内訳書)を公開します!【2017年12月】