不動産投資物件を購入にするに際し、考えておかなければならないのは出口戦略です。

私の最初の不動産投資物件である大阪北区の区分所有マンションの出口戦略は息子への引き渡しです笑

売却価格やタイミング等で折り合いがつけば、売却も考えていますがそこはまだ本気モードではありません。

ただ、どんなものなのか気になるのは気になりますし、情報は持っておきたいという気持ちもあったので一括見積サイトと個別の会社を利用してみる事にしました。

特に、私が不動産投資物件を検索するのに良く利用している「楽待」について、売却一括査定はどうなのかという観点で実際に保有している大阪市北区の物件で検証してみたいと思います。大阪市北区の物件情報はこちら→ついにサラリーマン大家になりました!実際に買った不動産投資物件の詳細を公開します!!

なお、楽待の口コミや評判はこちら→お客様の声

不動産投資物件の査定はどの不動産会社に任せるべきか

不動産を売却するとなった時、自身では最後までやらないですよね。

契約書作成したり、面談したりとそんな時間と手間を作れないですよね。

買う方からしても、個人と直接やりとりして購入するっていうのは、不動産という大きな買い物ですから不安になります。

不動産会社に任せるとして、大手と地元に分類した時にはどちらが良いのでしょうか。

私は、大手と地元のどちらでも良いと判断しています。結局、販売の為に尽力してくれるのは担当者だと思いますので、担当者が自分と相性が良いか、熱意があるか、頭は切れるかといった観点で担当者をしっかり見定める事が重要です。

大手は、集客する仕組みづくり(ネットサービスも含め)が素晴らしいのであれば、ブランド力もあり優秀な担当者がいなくても何とかなる気がしますね。

一方地元は、その地域に詳しいというメリットを最大限生かす事が出来るので、同地域で手狭になったから広めの物件に引っ越すといったお客さんを確保できるという強みがあります。

これらを相対的に考え、任せる不動産会社を選ぶと失敗しません。

なお、1件1件不動産会社に問い合わせを行うのは時間的も勿体ないので、一括見積サイトを利用する事をおススメします。

利用したサイトは2つ 楽待と住友不動産販売

1つ目は以前に別の記事で紹介した楽待というサイトで、保有物件について一括見積りを簡単にとる事が出来るとの事でしたので、試しに利用してみる事にしました。

以前の楽待の記事はこちら→マンション経営で高利回りの収益物件の探し方【楽待がおすすめ】

上記のリンクをポチっと押して、画面の以下部分をドロップダウン形式で選択します。

その後には、様々な物件にかかる情報と、名前等の個人情報の入力が求められます。

ここまで終われば、最後はどの会社に見積り依頼を出すかを決定します。

これで完了になります。

査定に出す不動産の情報が手元にあれば、3分から5分で作業自体は簡単に終わります。

2つ目は不動産を探した事のある方ならほとんどの方が知っているであろう住友不動産販売です。

→全国直営仲介取扱件数NO.1の住友不動産販売で無料査定!

上記のリンクをポチっと押して、画面の以下部分をドロップダウン形式で選択します。

この後には、査定方法(まだまだ本気モードではないので、簡易査定にしました笑)、物件の種類、住所と名前等の個人情報を入力して完了です。

査定に出す不動産の情報が手元にあれば、1分から3分で作業自体は簡単に終わります。

まとめ

どのような結果になるのでしょうか。

ワクワクしてきました。

一括見積出してみての率直な感想ですが、思ったより簡単な作業で終わるなぁと感じました。

投資家だけではなく、自宅売却時にも利用できそうです。

また、査定に関する情報が集まり次第、記事をUPしますのでお待ちくださいませ。