2017年5月に初めて不動産投資物件を保有しました。

中古の区分所有マンションの小さな物件ですが大きな一歩です。

購入した不動産投資物件の概要は以下の通りです。

「不動産投資の始め方」という事で、30代妻子持ちの私がサラリーマン大家になるまでの道のりの中で、どのような考えや行動をしていたのかを皆様にお伝えします。

不動産を始めようと思ったきっかけ

最初に私の自己紹介をさせてもらいますね。

  • 名前 kai
  • 年齢 30代
  • 性別 男性
  • 年収 600万円前後
  • 貯蓄 150万円
  • 職種 サラリーマン
  • 住所 大阪府
  • 家族構成 妻、息子(当時1歳)

不動産投資をはじめようと思ったのは

kai
「出来るなら将来働きたくない!!」

という不純な動機が1番です。

その他にも、東京オリンピックやIR(統合リゾート)によって不動産投資物件の価値が上昇する可能性がある事や、単純に生活に刺激が欲しいという動機もあります。

しかし

kai
「やっぱり失敗するんじゃないか…」

不安になり悶々と1年程度は日々の生活を過ごしました。

私は平日はサラリーマンとして働いているのですが、会社の定期異動で今まで働いていた部門とは異なる部門への異動となりました。

そこで文化の違いや、仕事内容に居心地の悪さを覚えました。また、忙しさで家事や育児があまり出来ず嫁の不満は溜まる一方。

そんな中

kai
「ここで不動産投資を始めないと現状は何も変わらない!!」

と思い行動に移しました。

待っているだけで、行動しなければ何事も始まりません。

このようなきっかけで不動産投資を始めようと思ったわけですが、不動産投資初心者なので何から始めれば良いのかわかりません。

そこでサラリーマン大家になるために最初に私が行った事は、ネットから不動産投資に関する知識と情報を収集する事でした。

初めはネットで不動産投資の知識と情報を集めました

サラリーマン大家になるため、様々なネットサイトから不動産投資に関する知識と情報を収集しました。

私が調べている中で、サラリーマン大家になるために良いなと思ったおススメサイトを3つ紹介しておきます。

  1. LIFULL HOME’S
  2. インカムラボ
  3. 赤井誠のゼロからの不動産投資 -元サラリーマン大家あかちゃんの不動産投資ブログ

1つ目のLIFULL HOME’Sですが不動産会社のサイトであり、情報量としては十分であると共にサイトが見やすいです。不動産投資初心者でも探したい事をすぐに見つける事が出来ます。

2つ目のインカムラボも不動産会社のサイトです。こちらも「不動産投資」と検索するとすぐにHITする不動産投資では有名サイトです。

3つ目の赤井誠さんのブログは全くの初心者で始めた不動産投資。サラリーマン大家時代に不動産投資をはじめ、現在は11棟81室を所有し、総資産は約6.5億円(内純資産は50%)を持つ方です。年間家賃収入は約7500万円 キャッシュフロー約4500万円。凄いの一言です。

ネットで不動産投資に関する知識と情報を収集しましたが、まだ、具体的に不動産投資に関してピンと来なかったので、より具体的に不動産投資についての知識と情報を収集方法はないか調べました。

不動産投資セミナーという知識・情報収集の必要性について

ネットサイトの情報だけでなく、実際に不動産投資セミナーを体験するという方法は不動産投資の知識・情報収集に役立つ1つのツールだと感じています。

私は不動産投資物件の購入前には不動産投資セミナーには参加しませんでしたが、実際に初めての不動産投資物件の購入後に1つのセミナーに参加しました。

参加した理由は以下の通りです。

kai
私の購入した不動産投資物件は

  • 他人からみて正解だったのだろうか?
  • セミナーでは不動産投資物件の購入基準はどうなっているんだろう?

無料で不動産投資セミナーをやっているのなら、1度参加してみよう。

不動産投資セミナーに参加してみて感じたのは、不動産投資による修繕費、空室リスク、火災保険料の増加、転売可能性等のリスクをどこまでとることが出来るのかという、個人の価値観によって購入する不動産投資物件は決まるんだなと改めて感じました。

私が実際に参加した不動産投資セミナーはファイナンシャルアカデミーが主催している無料セミナーです。実際にセミナーを体験した感想については以下のリンク記事で紹介していますので、よろしければご利用ください。

→ファイナンシャルアカデミー不動産投資無料セミナーの評判を確かめに体験してきました

上記のファイナンシャルアカデミーが主催している不動産投資セミナーには、「不動産投資セミナー」と検索して上位から確認していくという方法で辿り着きました。

上位の検索結果には楽待や健美家などの不動産投資では有名なサイトで紹介されている不動産投資セミナーや不動産投資セミナー○○選というネットサイトがありました。

初めは楽待や健美家などの不動産投資では有名なサイトで紹介されている不動産投資セミナーに参加しようと思ったのですが、不動産投資セミナーの数が多くて何を選んで良いかわからなくなりました。

また、不動産投資セミナー○○選といったサイトでは、セミナーの紹介で記載されるような内容の文言が書かれており、実際の感想等が書かれていなかったので

kai
あまり信用出来ないなぁ

なんて思いながら見て行きました。

次に目に留まったのがファイナンシャルアカデミーが主催している不動産投資セミナーだったのです。単独で上位検索されているため、ある程度人気のあるセミナーなんだろうという事と住んでいる大阪で開催されていたというのは大きな要因だったと感じています。

今考えると初めて不動産投資セミナーを探すなら、検索がしやすいサイトから申し込むのが良かったのかなと思います。

楽待や健美家のサイトも検索がしやすいサイトとなっていますが、私がおすすめするのは上記の「初めはネットで不動産投資の知識と情報を集めました」の見出しでも紹介していますがLIFULL HOME’Sです。

不動産投資で気になる事があれば基本的にLIFULL HOME’Sのサイトで解決させてもらいました。サイトの使いやすさと情報の量・質が私にはマッチしていました。

LIFULL HOME’Sの不動産投資セミナーの検索ページのリンクを以下に貼っておきますので、よろしければご利用ください。

→LIFULL HOME’S 不動産投資セミナー

また、実際にLIFULL HOME’Sの不動産投資セミナーを利用した体験記事も書きましたので参考にしてみてください。

不動産投資セミナー検索にLIFULL HOME’Sを利用してみました

これから不動産投資を始めようとされている不動産投資初心者の方や、出口戦略・融資・税金対策・空室対策等のより専門的なセミナーも検索出来ます。

ここまで、ネットサイトの情報や不動産投資セミナーの紹介をしましたが、不動産投資の知識・情報収集していく中で思ったのは

kai
どのような不動産投資物件を購入するのか大枠を決める必要があるな

という事です。

不動産投資物件は世の中に溢れています。

闇雲に探したのでは、時間がいくらあっても足りません。そのため、どのような不動産投資物件があるのか把握する事にしました。

どのような不動産投資物件にするべきか中古?区分?

不動産投資の物件には「新築」もあれば「中古」もあります。

その他にも

  • 住居VSオフィスVS店舗
  • アパートVSマンションVS戸建て
  • 区分VS1棟
  • 鉄筋コンクリートVS木造

などなど、不動産投資をするにも様々な方法や種類がある事がわかりました。

それぞれに異なった特徴があり、リスクも変わってきます。年収、家族の有無、現在の仕事の拘束レベル、不動産投資への個人の考え方で自分に合った不動産投資の方法や種類は変わってきます。

そんな中、年収600万円の妻子持ちサラリーマンの私が目を付けたのは

「中古」「住居」「マンション」「区分」「鉄筋コンクリート」

です。

「新築」ではなく「中古」を選んだのは、「新築」は直ぐに物件価値が下落して家賃が取れなくなったという失敗例を良くみたからです。価格も中古に比べて高くなってきてしまう事も私にとってはリスクでした。

「オフィス」や「店舗」ではなく「住居」を選んだのは、そもそもの知識と経験があったからです。今までの一人暮らしで賃貸物件に住んでいた事や自宅マンション購入の経験を生かせると考えました。

「アパート」や「戸建て」ではなく「マンション」を選んだのは「住居」を選んだのと同じような理由が一つです。マンションの方が、私にとって知識と経験を活かせると思ったからです。その他の理由としては「アパート」はメンテナンスが大変だという記事を良くみかけたからです。また、「戸建て」は駅から遠い立地が多く入居してもらう事や、売りたいと思ったときに売りづらいという記事を良くみかけたからです。

「1棟」ではなく「区分」を選んだのは、リスクが低いと感じたからです。1棟ものを買うとなると物件価格は上がります。ローン金額が増えるという事なので、最悪全て空室になった事を考えるととてもリスクが高いなと感じました。

最後に「木造」ではなく「鉄筋コンクリート」を選んだのは、「木造」は火災保険や修繕費のランニングコストが多くかかるためです。

kai
私は不動産投資初心者なので、1番失敗してもダメージが少ない投資方法にしたほうが良さそうだなぁ。家族に心配をかけすぎる事は出来ないし。よし!不動産投資をするなら「中古」「住居」「マンション」「区分」「鉄筋コンクリート」にしよう。

このような感じで、不動産投資へ一歩進むことになりました。

不動産投資初心者が最低限知っておくべき基礎知識

不動産投資初心者が不動産投資を始まる時には以下の基礎知識が必要です。

  • 諸費用がいつ、どの程度必要なのか
  • 不動産投資物件の収益性を判断出来るようになる

不動産投資の方法や種類については決めましたが、それだけで物件を適当に買っても必ず失敗します。

不動産投資初心者でも最低限知っておくべき基礎知識もネットで勉強しました。

(最低限知っておくべき基礎知識①)

不動産投資をすれば、物件価格以外の諸費用がいつ、いくらかかってくるのでしょうか。

1500万円の中古区分マンションの場合で考えてみます。

  • 購入時 40万円(売主から直接購入の場合)
  • 購入後3,4ヶ月後 10万円
  • 毎年 60万円
  • 入退去時 10万

表面利回りで投資の収益性を判断出来るようになる事。

一般的には12%と言われますが、リスクの低い築浅中古区分マンションなら8%が目安です。

ここから最低限知っておくべき基礎知識について詳しく説明します。

私が考える最低限の基礎知識の1つ目は不動産投資をするために係る費用です。

分かりやすいように不動産投資物件を購入する際に1度だけ支払う必要がある購入時費用を表にまとめてみました。

購入時費用(1度だけ支払う必要があります)

購入時諸費用

上記を計算した場合

中古区分マンション鉄筋コンクリート造りで、1500万円程度の物件だと40万円から100万円くらいは必要だとわかりました。

なお、不動産会社が売主だった場合は仲介手数料はなくなるので金額に幅が出てきます。

次に不動産投資で必要はお金は諸費用だけではなく、ランニングコストもかかってくることが分かりました。

ランニングコストとして固定資産税都市計画税、管理費、税金がかかります。

こちらも分かりやすいように毎年支払う必要があるランニングコストを表にまとめました。

ランニングコスト(毎年支払う必要があります)

ランニングコスト

上記のランニングコストを計算すると

中古区分マンション鉄筋コンクリート造り。1500万円程度の物件でフルローンだと60万円程度は必要です。

最後に、購入時の諸費用とランニングコストの他にも実際にかかってくる費用がある事がわかりました。

こちらも分かりやすいように条件を満たした場合に支払う必要があるその他支出を表にまとめました。

その他支出(条件を満たした場合に支払う必要があります。)

その他支出項目

不動産投資物件を購入して、2年後に入居者が退去したと仮定しましょう。

退去時の部屋の状態や不動産会社によって金額は大きく変わりますが最低でも10万円は必要と考えましょう。

また、入居者が退去した場合の空室リスクも考慮しなければならない事を意識しておきましょう。空室期間が短くなるように家賃を下げる事も検討する必要があるでしょう。

以上が、最低限知っておくべき基礎知識の1つ目の諸費用がいつ、どの程度必要なのかという内容でした。

(最低限知っておくべき基礎知識②)

私が考える最低限知っておくべき基礎知識の2つ目は

「投資不動産の収益性を判断出来るようになる」

という事です。

投資不動産の収益性を判断する1つの目安となる指標があります。

それが利回りというものです。

利回りには表面利回りと実質利回りがありますが、より簡単に投資不動産の収益性を判断する目安となるのは表面利回りです。

  • 表面利回り=年間収入÷物件価格

という簡単な式により求められます。

年間収入50万円で、物件価格が500万円の場合は、50万円÷500万円で表面利回りは10%になります。

様々な書籍やネット情報を集めましたが、表面利回りが12%を超える不動産投資は成功し易いと言われています。ただし、12%を超えるような物件は駅から遠く、築年数も古くなります。その他にも理由があるから利回りが高くなるのです。それらのリスクを許容出来るかどうかは個人の価値観によるところが大きくなります。

私は不動産投資初心者ですから

kai
「不動産投資物件の1軒目はなるべくリスクが低い物件を選びたい!!」

という価値観を持っていましたので、築浅で人気の駅から出来るだけ近い物件を購入するために、表面利回り12%は諦めました。

これが、最低限知っておくべき基礎知識の2つ目の「投資不動産の収益性を判断出来るようになる」という内容でした。

以上の不動産投資初心者が最低限知っておくべき基礎知識をまとめると

kai
1500万円程度の中古区分マンションを前提にした場合は

①不動産投資物件を購入する時には40万円から100万円を支払う。

②不動産取得税は購入の3,4ヶ月後に10万円支払う。

③毎年60万円支払う。

④入居者が退去したら10万円支払う。

⑤投資の収益性を判断するのは、表面利回り。築浅中古区分マンションなら8%を目安にして不動産投資物件を探せば不動産投資が成功する可能性が高まる

という事を覚えておこう。

これらの不動産投資初心者が最低限知っておくべき基礎知識を身につけた私が次に行った行動は、ネットで見つけた不動産会社で無料DVDの申込みをしたことです。

ネットで見つけた不動産会社で無料DVDの申込みをしました

知識や情報をネットから取得しているなかで見つけたのが不動産投資に関する無料DVDの存在です。

→無料DVDとパンフレットはこちら

上記が実際の無料DVDなのですが、不労年収2000万円の会社員オーナーという文言にひかれて、つい申し込んでしまいました。

不動産会社が提供しているDVDで違った視点からの知識や情報を求めたという事も理由の1つです。

また、無料で入手出来るという点で申し込みのハードルが下がりました。

申し込んだのは、株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)という不動産会社が提供しているものです。

最終的に私はこの会社から初めての不動産投資物件を購入する事になります。

ですが、自宅に届いた無料DVDを見た時の感想は

kai
不動産投資のノウハウについてボリュームがないな。でも、不動産投資へのモチベーションは上がるなぁ

です。

DVDの簡単な内容としては、不労所得0円から2000万円になるまでのサラリーマン大家の話です。

良かった点や悪かった点を、サラリーマン大家の実体験を通じての感想が述べられます。

また、不動産会社のGA technologies(ジーエーテクノロジーズ)担当者から会社の強みも紹介されます。

時間にしては20分くらいの話なので、手軽にみる事が出来ます。

もし、不動産投資を考えていてどんな風に情報を集めたら良いか悩んでいる方や不動産投資に一歩踏み出すきっかけが欲しい人にはおすすめです。

申し込みは1分もかからず出来ますので、興味のある方は以下のリンクから申し込み出来ますので、利用して見てください。
→無料DVDとパンフレットはこちら

また、無料DVDの「大家の真実」についての詳しい記事も書いていますのでこちらも興味ある方はどうぞ
→不動産投資「大家の真実」について本音で口コミを書いてみる

不動産投資会社からの面談依頼がメールで来ました

無料DVDを入手した私ですが、電話番号やメールアドレスを入力していたので、GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)からメールが来ました。

内容を要約すると

  • 携帯番号と、その番号から電話連絡をする旨
  • 担当者のセールスポイント
  • 「大家の真実」DVDにつきましては 順次発送する旨
  • 電話面談の日程候補を3つ欲しい旨
  • 大阪の方は資料を送った上で電話説明になる旨

といった内容でした。

不動産投資初心者なので、緊張しながらも意を決してメールの返信をしました。

メールでは以下の事を伝えました。

  • 挨拶、日程希望日、電話番号
  • 業務時間内は電話をとる事が出来ないので、平日19時以降もしくは土日に連絡をもらいたい旨

電話面談になるのは、東京に本社があるためです。(2017年10月現在は大阪支社も開所されているので、関西の方は直接会って面談かもしれないです。)

その後、電話面談の日時をメールで決めて電話を待つ事になりました。

不動産会社と初めての電話面談を行いました

電話面談の当日は会社が休みの日だったため、自宅で電話を待っていました。

電話をかけて来たのはハスキーボイスの女性の方でした。

事前に送付されていた資料を元に、GA technologiesの説明がありました。また、区分マンションの事業計画書を元に、不動産投資を行った結果を説明されました。

その事業計画書ですが

70歳を超えないと黒字化しない!!

のです。

さらに

  • 空室期間
  • 退去した場合の修繕費等の費用
  • 家賃下落

について考慮されていませんでした。

にも関わらず黒字化するのが70歳を超えるなんて。

と衝撃を受けたのが率直な感想です。

この時にGA technologiesと連絡するのは終わりにしようかと悩みました。ただ、電話での担当者は、感じの良い丁寧で真摯な人でした。また、折角不動産投資に一歩踏み出したので、気持ちを抑え今後も話を進める事にしました。

今回の電話面談は40分程度でした。1時間くらい余裕を持っていた方が良いかも知れませんね。

次回の電話面談は、不動産投資のリスクに関する説明と、大阪の不動産投資物件を紹介されたという内容です。

その時の担当者とのやり取りを詳しく記事にしていますので宜しければご覧ください。
→GA technologies の評判 不動産担当者とのやりとり1

kai
説明された事業計画書は魅力的ではないなぁ。むしろ本当に大丈夫か?でも、折角なので次回の話も聞いてみよう。

電話面談の2回目は不動産投資のリスクに関する説明と大阪の不動産投資物件を紹介されました

前回の電話面談で、GA technologiesの説明と事業計画書について話をしました。2回目の電話面談では不動産投資に関するリスクと大阪の不動産投資物件(中古区分マンション)を紹介されました。

2回目の電話面談前に、メールで不動産投資のリスクについての資料をもらっていましたが、基本的にネットで集められる程度の情報でした。

ただ、その中でも印象に残ったのはインフレ対策です。昔のようなインフレが起こる可能性は低いとはいえ、不動産投資がインフレ対策となる事をほとんど意識していなかったので聞けて良かったです。

その後、大阪の不動産投資物件(中古区分マンション)を紹介されました。

紹介されたのは2件で、どちらも表面利回りは6%前後です。当時の私は12%前後で探していたので6%は低いと感じていましたのでお断りしました。

ただ、担当者から追加で物件の詳細や不動産投資の詳細を上司から電話させたいとの要望がありました。詳細な話をさらに聞けるなら。とOKの返事をしました。

今回の電話面談にかかった時間は20分くらいですね。サラリーマンのお昼休みでも聞くことの出来る時間です。

この時の担当者とのやり取りも記事にしていますので宜しければご覧ください。
→電話面談の続き(不動産投資リスクの説明) 担当者とのやりとり2

少し話は変わりますが、不動産投資初心者の方にとっては大事なのでお伝えしますね。

2017年10月現在では築浅駅近の中古区分マンションで表面利回りが12%になる事なんてあり得ないと認識を改めています。

表面利回り12%で探すとなると1棟や築古、駅から遠い物件でない限りありません。

経済の原理と同じです。リスクが高いから利回りが高いんですね。

私は2件目か3件目にリスクの高い不動産投資物件に手を出すつもりです。

kai
紹介された大阪の不動産投資物件は微妙だなぁ。でも不動産会社の生の声を聞けるのは貴重な経験。もう少し、やりとりを続けてみよう。

電話面談の3回目は、市場に出回る前の物件を紹介してもらいました

前回の電話面談では、不動産投資に関するリスクと大阪の不動産投資物件(中古区分マンション)を紹介されました。そして、追加で説明を受けるために、担当者の上司から連絡を待つという内容でした。

今回の電話面談では、築古で利回りが良い物件は生活保護の方が住む可能性がある事を教えてもらいました。

また、この上司のさらに上司は取締役であり、市場に出回る前の物件を紹介出来る可能性があるという話を聞きました。

そして、取締役に確認して再度連絡したいと言われました。

未公開物件があるなら是非教えて欲しいと伝え、数日後に再度連絡を受ける事にしました。

数日後、大阪の東三国に利回り6%の物件がある事を教えてもらいました。さらに、本日申し込みをしないと外に流れてしまうと言われました。

期待した割には前回と同じような条件の不動産投資物件だったのでがっかりした事を覚えています。

さすがに

kai
物件も資料でしか見ず、担当者と直接会って話をする事もなく、1000万円を超える初めての不動産投資物件を決めるなんてどう考えても無理!

と思い、お断りしました。

取締役が数日後に大阪に来るという事で、物件が残っていたら再考する旨を伝え大阪で会う約束をしました。

この時のやり取りも記事にしていますので宜しければご覧ください。
→上席者現る!大阪東三国の物件紹介を受ける 担当者とのやりとり3

kai
結構グイグイこられたなぁ。流されないように気をつけよう。でも取締役に会えるなんて、中々ない機会だし良い物件に出会えなくても人との繋りは大事にしよう。

4回目の面談は取締役と直接会って新たな物件を紹介されました

大阪で取締役と会うという約束をしたのが、前回の電話面談の内容です。

いよいよ、取締役と対面しました。挨拶もそこそこに、大阪の東三国の物件は売れてしまいましたと聞かされました。

それなら仕方ない、縁がなかった。

と割り切った気持ちでいました。

取締役が売却済み以外の物件について、紹介出来るように手配してくれていましたのでその物件にタクシーで向かいました。

紹介された物件は中津にありました。外観的には問題なかったのですが、駅までの距離が遠いです。そして駅からの距離の割には利回りが低い事もあり丁重にお断りしました。

kai
やっぱり中々求めている物件には出会わないなぁ。

そう思いながら、大阪駅のホテルに移動しロビーで不動産投資の話や、雑談をしていました。

話をしながらも取締役は物件を探してくれていました。

そして、おもむろに電話をかけ

取締役
あの物件の買付状況はどうなった?契約まで持って行けたのか?ふんふん・・・よし。わかった。
取締役
kai様、契約書を作成して、ほとんど買付が完了している物件が天神橋筋六丁目にあります。よろしければ行ってみませんか?

と言われたので、その物件を見に行ってみました。

その物件は

  • 物件価格1430万円
  • 天神橋筋六丁目駅まで徒歩1分
  • 梅田までタクシーでワンメーターの5分
  • 築浅
  • 利回りは6%弱
  • 大阪でも人気の北区の物件

でした。今までで一番希望条件に近い不動産投資物件です。

kai
1軒目はここしかない!

と購入の意思が固まりました。

ただ、この時点では正式に物件の仕入が確定していないとの事。仕入確定するかドキドキです。

ちなみに、GA technologiesから紹介されたこの不動産投資物件ですが、売主=GA technologiesなので仲介手数料がかかりません。

仲介手数料は物件価格の3%から5%なので、1430万円×3%と仮定すると約42万円です。42万円が諸費用からなくなると考えればお得です。

そして翌日、取締役から仕入が確定したとの電話連絡がありました。

この電話連絡で最後の契約手続を行うために、後日再度会う約束をしました。

この時のやり取りも記事にしていますので宜しければご覧ください。
→東三国から北区(天六)の不動産物件に変更? 担当者とのやりとり4

kai
ついに出会えた。今までで一番希望に沿った物件だ。完璧な物件だとは思わないが、ここで購入しなければ二度と先に進めない気がする。そうなると、将来働きたくないという未来が消えてしまう。

ついに不動産投資初心者のサラリーマンが大家になりました

記念すべき初めての不動産投資物件を紹介します。

(購入した不動産投資物件の概要)

前回は取締役と直接会って、ついに初めての不動産投資物件の購入意思を固めた話でした。

今回は最後の不動産投資物件の購入に関する契約手続を行うために、取締役と会いました。

天神橋筋六丁目の物件について購入意思を伝えてから今回会うまでの間に色々情報を集めたんですね。

情報を集めれば集める程、実は不安になっていったんです。

利回り6%弱は築浅で駅近でも低いんじゃないか。

とか

同じマンション内で空室がある事

とか

退去時と入居時の費用負担について詳しく聞いてなかったな

とか。

そこで、疑問点は全て聞いておくことにしました。

丁寧に1つ1つの質問に対応して頂き

最後に嫁の大丈夫だ!という後押しもあり

契約書に記入、そして実印をポン!と押してやりました!!

自宅マンションの実印を押すよりビビッていた気がします。

この時に初めてサラリーマン大家の第一を踏み出しました。

この時のやり取りも記事にしていますので宜しければご覧ください。
→ついにサラリーマン大家になりました!実際に買った不動産投資物件の詳細を公開します!!

kai
とうとうサラリーマン大家の第一歩を踏み出しました。本当に不動産投資初心者が買ってしまった。ここまで長かったなぁ。これからが楽しみだ。

不動産投資物件を購入するために必要な書類を集める

前回、不動産売買契約書に実印を押したわけですが、これだけでは全ての手続が完了するわけではないんですよね。入手するのに面倒くさい書類もありますのでサラリーマンの方は有休をとった方が良いかもしれません。

他に必要になった書類を一覧にしておきますね。

  • 手付金
  • 実印、認印
  • 免許証、保険証
  • 自宅ローンの返済予定表
  • 源泉徴収票(直近3年)
  • 確定申告の控え(直近3年)
  • 納税証明(直近3年)
  • 課税証明(直近3年)
  • 住民票
  • 印鑑証明

※がついているものは、面倒になる要因になるので注意して確認頂きたいです

私の場合、GA technologiesの担当者の方にもお手伝い頂きました。担当者の方には感謝です。

これらを集めるためのポイントも記事にしていますので、不動産投資物件の購入を決めた方は参考にしてみて下さい。
→不動産投資 必要書類一覧まとめ

不動産投資初心者の始め方 まとめ

不動産投資をこれから始めようとする、不動産投資初心者に向けて実体験を元に記事を書かせていただきました。

不動産投資初心者の始め方のまとめとして、初めての不動産投資物件の購入までに考えた事・行った事を時系列に沿って記載します。当時の記事についてもリンクを貼っていますので、参考にして下さい。

  • 「将来働きたくない!!」という気持ちで2016年12月に不動産投資物件の購入に向けて動き始めました。
  • 最初にしたことはネットで情報を集め、知識を蓄える事でした。
  • ネットで情報を集めながら、購入する不動産投資物件の種類を固めました。
    私には妻と当時1歳の子供がいました。そのため、不動産投資物件の1件目は出来る限りリスクを小さくしたいと考えました。結果として、中古の区分マンションで鉄筋コンクリート、築浅、駅近の物件を探しました。
  • ネットでの情報を元に、不動産投資で最低限身につけたい基礎知識を自分なりに整理しました。
    ①不動産投資物件を購入する時には40万円から100万円を支払う。
    ②不動産取得税は購入の3,4ヶ月後に10万円支払う。
    ③毎年60万円支払う。
    ④入居者が退去したら10万円支払う。
    ⑤投資の収益性を判断するのは、表面利回り。築浅中古区分マンションなら8%を目安にして不動産投資物件を探せば不動産投資が成功する可能性が高まる
  • 不動産投資の基礎知識を整理した後に、ネットで見つけた不動産会社(GA technologies )の無料DVDを申し込みました。
    この無料DVDによって、さらに不動産投資への熱が高まりました。
    →無料DVDとパンフレットはこちら
    →不動産投資「大家の真実」について本音で口コミを書いてみる
  • GA technologies からのメールを貰いました。
    この時点で、不動産投資をすると決めてから3か月たっています。メールで電話面談の提案があり、電話面談を行う事になりました。
  • 3回の電話面談を行い、GA technologies の説明、不動産投資のリスク、物件紹介を受けました。
    電話面談では、紹介された不動産投資物件の事業計画書に物足りなさを感じました。ただ、表面利回りが高い物件には相応のリスクがある事を学べましたし、担当者も誠実な方で、何より初めて出来た繋がりをあっさりと断ち切ってしまいたくありませんでした。そして、物件紹介も兼ねて取締役と直接会って話をする事にしました。
    →GA technologies の評判 不動産担当者とのやりとり1
    →電話面談の続き(不動産投資リスクの説明) 担当者とのやりとり2
    →上席者現る!大阪東三国の物件紹介を受ける 担当者とのやりとり3
  • 物件紹介を兼ねて取締役と大阪で会った時に、未買付の物件に出合いました。
    当初予定していた紹介物件は既に他の方が購入してしまっていました。別物件を紹介され見学に行きましたが、条件が合わずGA technologies からの購入をほとんど諦めていました。雑談をしながら粘っていると取締役が電話をかけ始めました。そして紹介されたのが未買付の物件でした。この物件が今までの中では一番条件に近い物件でした。無事に買付が出来た際には購入を検討するという事でその日は別れました。
    →東三国から北区(天六)の不動産物件に変更? 担当者とのやりとり4
  • 無事に買付が成功したという連絡を受け、最終面談を行いました。
    最後の最後まで悩み、検討をした結果、その物件を購入する事を決め2017年5月に不動産投資物件の売買契約を結びました。不動産投資をすると決めてから5か月後の事です。
    →ついにサラリーマン大家になりました!実際に買った不動産投資物件の詳細を公開します!!

以上が、不動産投資初心者の私が、不動産投資を始めるまでに考えた事や実際に行動した事です。

不動産投資は大きい買い物です。しっかりと考えて決断をすべきだと考えています。

初めての不動産投資物件を購入してから5か月が立ちます。

購入してしまうと、本当に私は何もする事がありません。

購入後の5か月は、毎月家賃が入ってきてローンの支払いと管理費等の支払いを行っているだけです。

購入してからは何もする事がないからこそ、購入までには色々自分で調べて悩んでしっかり検討をして欲しいと思います。

将来の自分がどうなっていたいのか。

今の自分に出来る事は何か。

願わくば、不動産投資初心者の方がこの記事を読んで一歩踏み出して、将来のなりたい自分に近づいて欲しいです。

最後になりましたが、初物件を購入した不動産会社のGA technologiesに興味を持たれた方や不動産投資をやりたいけど、まだ始めていない方にとって、不動産投資へのモチベーションを上げたい方は以下のサイトからGA technologiesのDVDを無料で入手出来ますのでよろしければご利用ください。→無料DVDとパンフレットはこちら

※実際に資料請求・面談した不動産投資会社を中心におすすめの会社をまとめましたのでこちらもご参考に
⇒おすすめの不動産投資会社はどこ?実際に面談した会社の評判・感想をまとめました