「不動産投資を考えているんだけれど、儲けられる物件をどのように探したら良いかわからない。」

「どの程度の利回り物件を探せば良いの?」

そんな悩みはありませんか?

ここでは、不動産投資で成功するために重要である、高収益物件の探し方と利回りの目安を分かりやすく教えます♪

不動産投資で失敗したくはないですよね。

どうせなら利回りのよい物件を探して不動産投資を成功させましょう。

どのくらいの利回りがある物件を探せばいいか?

不動産投資に限らず、利回り○○%という考え方は投資において重要です。

不動産投資の利回りは大きく分けて2つあります。

①表面利回り=年間賃料/不動産価格

②実質利回り=(年間賃料-経費)/不動産価格

不動産投資の儲けは、収入である賃料から、その賃料を得るための支出である経費を差し引いた金額になります。

経費には様々な種類があります。

例えば、仲介手数料、印紙代、不動産登録免許税、不動産登記手数料、固定資産・都市計画税、不動産取得税、火災保険、借入利息、交通費、通信費、管理費、修繕費、修繕積立金、PMフィー、クリーニング費用などなど様々です。

投資不動産を選ぶ際にはこれらの経費をどのような方法で、かつ、どのくらいの期間で回収する事が出来るのかを把握する必要があります。

そして、経費を回収してもなお収入が残る高収益物件を探さないとなりません。

インカムゲイン(賃料収入)で諸経費を、短期間で回収するならば、12%以上の表面利回りがある物件が目安となります。

では、表面利回り12%以上の高収益物件はどのように探せば良いのでしょうか。

高収益物件の探し方 楽待を利用する

高収益物件を探すには楽待というサイトを利用して探すことが出来ます。

楽待は投資物件を買いたい人、所有中の投資用物件売りたい人、不動産投資について勉強したい人等に対して様々なサービスを提供しているサイトです。

(楽待の特徴)

  • 収益物件を探すことが簡単で最も使いやすいサイト
  • 不動産投資で成功するための様々な情報を提供している
  • 楽待コラムやオンラインセミナー不動産投資セミナー等さらに欲しい情報を掘り下げる事が出来る。
  • 特許を取得した独自のシステム物件売却の相談が可能

などがあげられます。

他にも、健美屋不動産投資連合体などの収益物件を探すサイトはあるのですが、私は圧倒的に楽待の方が高利回りの収益物件を探しやすいです。

楽待の使い方

それでは早速、楽待で高利回りの収益物件を探してみましょう。

まずは楽待の収益物件検索入力をします。

⇒収益物件を検索

探し方は次の4STEPでとても簡単です。

  • 都道府県を選択
  • 物件種別を選択
  • 価格を選択
  • 利回りを12%以上で選択

サイト公開日現在、東京都・区分マンション・500万円以下で66件HITしました。

このような感じで探すと、探しやすいですよ♪

高収益物件の探し方は分かった。でも、この利回りでいくらの儲けが実際に出るのか分からない!!といった声がありますので、試しに概算で儲けを計算してみましょう。

概算の儲けを計算するためには、経費がいくらかかるのかわからないと計算出来ません。

そのため、初期費用を除いたランニングコスト(毎年かかる経費)の内、主な経費を集めてみました。

概算額の計算例 400万円の元手で年間31.2万円の儲けに♪

サンプルで以下の物件を想定します。

※あくまで参考金額なので、実際金額とは異なります。

【前提】

①購入金額:4,000,000円

②年間賃料:480,000円

③年間管理費:42,000円

④年間修繕積立金:48,000円

⑤年間の固定資産税・都市計画税:20,000円

⑥PMフィー:24,000円(年間賃料の5%)

部屋の管理(クレーム管理等)のために不動産会社に支払う手数料を年間賃料の5%と仮定

⑦保険料:10,000円

⑧空室率:24,000円(年間賃料の5%)

退去や初めに入居するまでの期間等に空室となるリスクを年間賃料の5%と仮定

【計算結果】

表面利回り=②/①=12.0%

実質利回り={②-(③~⑧)}/①=7.8%

この結果から400万円を元手に年間31.2万円の儲けが出た事になります。

銀行で定期預金するよりは効率の良い投資であることがわかります。

その他の投資でも利回り約8%以上の投資商品を探すのは難しいです。

ただし、空室リスクがもっと高くなる可能性もありますし、その他経費が思った以上にかかったりする可能性もあります。

このような経費を引いて、空室になっても賃貸経営をするうえで十分に成り立つ目安の利回りが、表面利回り12%になります。

経費まで一から1つずつ計算するのは手間がかかるので、不動産投資をする際には表面利回り12%以上の物件を基準として、物件を探すことをおススメします。

まとめ

以上、マンション経営で高利回りの収益物件の探し方についてご紹介いたしました。

高利回りの収益物件を探すのに『楽待』は物凄く使いやすいです。

経費を考えると利回り12%以上でまずは検索してみてください。

『高収益物件を探したいけれど、探し方がわからない』

『不動産投資をするに際して、目安となる利回りを知りたい』

といった方にこの記事が役に立てば幸いです。

また、このサイトで不動産投資をしてみようと思える仲間が増えれば嬉しいです。