「不動産売却査定をしたいんだけど、その後に迷惑電話や面倒くさい事にならないか漠然とした不安がある。」

といった方は多いのではないでしょうか。

前回は不動産売却の無料査定を申し込んだ体験と、利用した不動産売却査定サイトである「リビンマッチ」の評判や口コミを紹介した【不動産売却査定サイト】リビンマッチの評判・口コミと無料申し込み体験の続編となります。

私は保有している不動産投資物件(区分所有マンション1室)を保有し続けて老後の家賃収入若しくは息子に利用してもらえたら良いなと考えています。

ただし、売却価格次第では売却を考えているため、最低年に1回は保有している不動産投資物件(区分所有マンション1室)を不動産売却の査定に出すようにしています。

今回は不動産投資物件(区分所有マンション1室)について、不動産売却査定サイト「リビンマッチ」を利用して不動産売却の無料査定した後で、不動産会社からどのように査定結果が来てどのように進んでいくのか体験談を紹介します。

不動産売却査定に出した不動産投資物件の概要

はじめに、今回、不動産売却査定に出した不動産投資物件(区分所有マンション1室)について概要を紹介しておきます。

なお、以下に記載の不動産投資物件の概要は購入時(2017年5月)の状況となっています。

不動産売却査定サイト「リビンマッチ」で査定に出す際には売却希望価格は提示しませんでした。

kai
というか、そもそも売却希望価格を記載する項目がなかったんですよね。

不動産売却査定を行ってくれる会社は4社

リビンマッチに不動産売却の無料査定依頼を出した後、リビンマッチからのメールが来ました。

不動産売却の査定に対応してくれる会社は4社との事でした。

4社の内容については以下の通り。

■ 株式会社Sun Lead
TEL:03-6721-9377
http://www.sunlead-inc.jp/

■ 株式会社エルズホーム
TEL:03-5794-5151
https://ls-home.co.jp/

■ 株式会社Wエステート
TEL:03-6417-0555

■ 株式会社Diskar Corporation
TEL:06-6534-3878
http://diskar.co.jp/

私にはどこの会社も聞いたことがありませんでした。

kai
基本的にCM等で流れるような世間一般で知られる会社からは連絡がないんですね笑

ここからは、リビンマッチからのメール連絡後に、私に不動産売却査定関連の連絡をくれた会社順に紹介します。

株式会社Wエステートから来た不動産売却査定関連の連絡内容

まず、最初に不動産売却査定関連の連絡が来たのはWエステートです。

リビンマッチからのメールではホームページのアドレスがなかったのですが、Wエステートから来た不動産売却査定関連の連絡ではホームページのアドレスが記載されていました。

→Wエステートのホームページはこちら

不動産売却査定関連の連絡メールの内容では丁寧な印象を受けました。

また、申し込んだ当日に連絡が来たので、レスポンスは早くて良かったです。

不動産売却査定関連のメール内容を抜粋して以下に記載します。

なお、個人名の箇所は伏せさせていただきます。

  専門の担当者よりご挨拶のお電話を入れさせて戴きます。
大変お手数ではございますが、ご対応戴けると幸いです。

 査定するにあたりまして、
お電話出来る、日時、時間帯、等メールで頂ければ幸いです。
もし、お電話でのご対応が難しい場合はメールにて
1.お家賃(入居者様が払っている総額、管理費、共益費込)
2.管理費+修繕積立金(建物管理会社に払っている合計で問題ありません)
3.平米数(出来れば正確に、わからなければおおよそで結構です)
4.売り出し希望価格
5.査定をした、理由
以上5点メールにて頂ければ幸いです。
無料査定にて、入力頂いた情報と重複してしまっている場合は、
大変お手数おかけしますがご協力お願い申し上げます。

透明性・スピード・金額
3つを念頭に置いたサービスを常に心がけております。 
東京、神奈川、大阪、福岡と主要都市のマンションを主に売買しており、
透明性(わかりやすく)
スピード(売却以外でも、レスポンス等)
金額(高く売却)
3つを常に念頭に置いた営業をして、お客様とのwinwinの関係を築ける様努めております。

 弊社は投資用コンパクトマンションの売買、仲介を専門に扱っております。
○○様と弊社とお互いが得するwinwinを理念に営業致しておりまして、
○○様のお役立ち出来る、ご提案を差し上げたいと思っております。

 是非、お気軽にご相談ください。

kai
やってしまいがちですが、英語の全角・半角は統一していただきたかった(‘Д’)うぃんうぃん。

ただ、面倒だなぁと感じた点も2点ほど紹介します。

不動産売却査定関連の連絡で面倒だと感じた2点

Wエステートのメールにも申し訳ないという事を記載しては頂いているのですが、、、

  1. 電話連絡は嫌だと伝えているにも関わらず、電話を求めてくる
  2. 重複した情報を求めてくる

不動産売却査定サイト「リビンマッチ」で無料査定を申し込みする際に、以下の通り電話ではなくメールで不動産売却査定関連の連絡をお願いしているにも関わらず電話対応を求められるのは困りました。

また、同様に『管理費+修繕積立金(建物管理会社に払っている合計で問題ありません)』と『売り出し希望価格』以外は、既にリビンマッチを利用する際に記載しているため、重複して聞いてくるのは面倒でした。

リビンマッチ(不動産売却一括査定)5

Wエステートの次に連絡が来たのは、エルズホームでした。

株式会社エルズホームから来た不動産売却査定関連の連絡内容

エルズホームからの不動産売却査定関連の連絡は、リビンマッチでの申し込み翌日にありました。

→エルズホームのホームページはこちら

エルズホームもメール対応は良い印象を持ちました。

また、売却査定を出した不動産投資物件(区分所有マンション1室)を取り扱った事があるとの事でした。

さらに大阪支社もあり、ワンルームマンションの仲介にも特化しているとの事で期待が持てますね。

不動産売却査定関連の連絡メール内容を抜粋して以下に記載します。

弊社は東京都目黒区に本社を持つ会社です。
2017年には大阪にも支社を設立し、東京都知事ではなく国土交通大臣の免許を頂いております。
主にワンルームマンションの仲介に特化しており、現在は会社で毎月70~90件程の案件を成約させて頂いております。
日本全国に買主様、協力会社を持ち、
・エリアの広さ
・価格の高さ
・スピード
・安全性
に自信を持ちます。

この度は○○の件なのですが、弊社では過去に売買の依頼を頂戴したこともあり、積極的に動けるかと思います。
現在、当該エリア含め購入を検討されている現金・融資(承認済み)予算が3,000万円ほどある法人格のお客様がいらっしゃいます。
その他にもご希望でございましたら、AI(ビッグデータ)を使った将来的な収支シミュレーションもお作り致します。
一度ご連絡を頂けますと幸いです。

もちろん無理な勧誘は一切致しません。

オーナー様の良き不動産運用のお手伝いが出来ましたら幸いです。
まずはご連絡を頂き今後の方向性や打ち合わせができればと存じます。

メールには、会社概要や不動産売却の一連流れを記載したパワーポイントの資料もついておりましたので好感触です。

次に連絡を頂いたDiskar Corporationからの不動産売却査定関連の連絡内容を紹介します。

株式会社Diskar Corporationから来た不動産売却査定関連の連絡内容

Diskar Corporationからの不動産売却査定関連の連絡も、リビンマッチでの申し込み翌日にありました。

→Diskar Corporationのホームページはこちら

連絡を頂いた会社の中では最も良い印象を持ちました。

その理由は、Diskar Corporationが欲しがる情報が端的で、リビンマッチの申し込みで記載した内容と重複していなかった事です。

また、メールの文面も、不動産会社としての希望もありながら、こちらに合わせてくれるという姿勢が、正直で思いやりのある雰囲気でした。

不動産売却査定関連の連絡メール内容を抜粋して以下に記載します。

弊社は大阪市西区でワンルームマンションや区分マンションに特化した売買仲介を専門的に行っております不動産仲介会社でございまして、取り急ぎこの度お問い合わせ頂きました○○の件でご確認させていただきたい点がございましたので、取り急ぎメールをお送りさせていただきました。

・現状家賃

※月額家賃[共益費込の合計額]

ご記入いただきました年間収入780,000円を月額で計算しますと

約65,000円になるのですが、月額家賃は共益費込でこの金額でお間違いないでしょうか?

・もちろん弊社は仲介会社ですので購入希望者様に対しまして少しでも高い金額を目指すのですが、仮に○○様が具体的に売却をするとすればこの金額以上は最低限欲しいという下限の金額ライン

・明確なローン残債[お差し仕えなければ]

以上3点でございます。

こちらを確認させていただきましたら、早速弊社の購入希望のお客様にご紹介をさせていただき価格を出させていただきます。

また、弊社の会社概要と私の名刺をPDFファイルで添付させて頂きますので、もしよろしければご確認いただければ幸いでございます。

また、もしお電話でお話したいことがある際には何時頃であればご迷惑になりませんでしょうか?

お電話させていただく際は、前もってアポをきらせていただいた上でお電話するように致しますし、ご指定いただいた時間以外はもちろんお電話は控えます。

なお、もし今後もお電話が難しくメールでのやりとりをご希望されるということでございましたら何なりと仰って下さいませ。

突然のご連絡になってしまい、大変申し訳ございませんでした。

お時間ございます際に当メールをご確認いただき上記3点につきましてのお返事をいただけますようお待ちしております。

引き続き何卒宜しくお願い申し上げます。

以上が、連絡をいただけた3社のメール内容となります。

残念ながら、株式会社Sun Leadからは不動産売却査定関連の連絡がありませんでした。

査定会社による不動産売却査定関連の連絡内容 まとめ

保有している不動産投資物件(区分所有マンション1室)の状況を把握するため、初めにリビンマッチで無料の不動産売却査定の申込を行いました。

その時の体験記事は【不動産売却査定サイト】リビンマッチの評判・口コミと無料申し込み体験に書いています。

不動産売却査定の申込後に、3社の査定会社から連絡を頂くことが出来ました。

不動産売却査定関連の連絡を頂けた3社
  1. 株式会社Wエステート…レスポンスが一番早かった会社です。ただ、内容には不満が残りました。
  2. 株式会社エルズホーム…保有している不動産投資物件(区分所有マンション1室)の売買実績がある会社です。
  3. 株式会社Diskar Corporation…連絡を頂いた中で最も印象が良かった会社です。

なお、株式会社Sun Leadからは連絡を頂くことが出来ませんでした。

リビンマッチに連絡をして対応してもらうといった事も出来たのですが、面倒くさかったので止めておきました。

次回の記事では、不動産売却査定関連の連絡を頂けた3社とその後どうなったのかを紹介しています。

次回記事→ワンルームマンションの売却査定額を教えます。売却適正価格はいくらなのか?

今回の記事で紹介したリビンマッチ(旧名スマイスター)の不動産の売却一括査定(無料)に興味があれば、以下リンクから申し込みが可能ですのでご利用ください。

→簡単かつ一括で不動産売却査定が出来るリビンマッチ