2017年5月、私は大阪市北区に区分所有マンションを購入しました。

区分所有マンションを購入するまでには、インターネットのサイトを利用しながら数多くの不動産会社に資料請求を行い面談しました。

資料請求後に面談するほどの必要性を感じずに、切り落とした会社も多くありますので、面談まで進んだ不動産会社のみを紹介します。

(直接不動産会社へ資料請求)

(楽待を利用して資料請求)

(一括資料請求サイトOh!Yaを利用して資料請求)

これらの中から、購入先に選んだのはGA technologiesという2018年7月に上場を果たした会社です。

今回は数ある不動産会社の中からどのような理由でGA technologiesを信頼し、不動産投資物件(区分所有マンション)を購入しようと思った理由を紹介します。

物件(区分所有マンション)の概要紹介

初めに、2017年5月にGA technologiesから購入した物件(区分所有マンション)の概要を紹介します。

大阪市内の物件ですので、東京23区の物件と比較すると物件価格は安いのではないでしょうか。

利回りも東京23区の物件よりは良いです。

利回りが大阪市内の方が良いのであれば、東京23区の不動産投資物件ではなく大阪市内の不動産投資物件を購入する方がいいのではないか?

と思われる方もいるでしょう。

ただ、一律に安くて利回りが良い不動産投資物件が良いわけではなく、東京23区にならではのメリットがあります。

海外の人も含めて、人が多いという事です。

例えば、退去者が出た時に次の入居者を探しやすい。といった事や、不動産投資物件の価値が下がりにくく売却時に高く売りやすい。といった事があげられます。

物件価格の高い低い、利回りの高い低いには理由があるのです。

kai
私は大阪に住んでいますので東京の5年先より、大阪の5年先の方がイメージをつけやすかったので大阪の不動産投資物件を購入しました。

GA technologiesの会社概要

不動産投資を始めるに当たっては、不動産投資物件を探し求め、時間を見つけてはネットと現地視察を繰り返しました。

また、複数の不動産会社へ資料請求を行い、面談も数多く行ってきました。

資料請求と面談を踏まえて検討した結果として、GA technologiesで不動産投資物件を購入する事にしたのですが、GA technologiesはどのような会社なのでしょうか。

GA technologiesの会社概要を説明しておきます。

GA technologiesのHPでは事業内容について以下の記載がされています。GA technologiesと関わり合いを持った私のイメージは「ITを駆使する不動産会社」ですかね。

・ AIを活用した中古不動産の総合的なプラットホーム「Renosy®」の開発・運営

・ AIを活用した不動産業務支援ツールTechシリーズの開発・運営

・ 不動産オーナー向けアプリ「Renosy Insight®」の開発・運営

→GA technologies HPリンク

kai
HPのトップに記載されている
「テクノロジー×イノベーションで、人々に感動を」
具体的で、わかりやすいビジョンだと感じます。不動産というワードを出していない所も思惑が見えるようで面白いですね。

GA technologiesを選んだ理由は3つ

不動産投資を行うに当たっては、不動産投資物件自体の魅力も大事ですが、どの不動産会社から購入するかという事も重視しました。

最終的にGA technologiesから不動産投資物件を購入したわけですが、GA technologiesを選んだ理由は大きく3つあります。

  1. GA technologiesが信頼出来ると感じたこと
  2. 無理矢理不動産投資物件を紹介してこなかったこと
  3. 管理手数料が安く仲介手数料がないこと
kai
不動産という金額が大きいものを購入となると不安になりませんか?私自身はめちゃビビりな方だと自負していますので、不動産投資物件購入を検討してから購入するまで多くの時間を費やしました。最後に一歩踏み出せたのは、GA technologiesは信頼出来る。という事だったように思います。

GA technologiesが信頼出来る理由は3つ

信頼というポイントは人によって異なる事もあるでしょうが、私の信頼に対するポイントは「人柄」「会社の将来性」です。

信頼に対するポイントを踏まえた上で、GA technologiesが信頼出来ると感じた理由は大きく3つあります。

  1. 担当してくれた方の雰囲気が良かったこと
  2. 業績が良いこと
  3. AIを柱に事業を行おうとする姿勢であること
kai
私はAIが進んでいる時代になっているとはいえ、生きている間は確実に人とのコミュニケーションの方が大事だと考えています。コミュニケーションが取れなくなくと、楽しい!や嬉しい!という満足度が低くなりますから。なので、担当してくれた方の人柄はとても大きな要素でした。

担当してくれた方の雰囲気が良かったこと

GA technologiesと関係を持ったのは、ネットで不動産会社を探している時にたまたま見つけて、資料請求(無料DVD付き)をした事から始まりました。

→GA technologies無料DVDとパンフレットの請求はこちら

資料請求を行った後に、電話とメールでやり取りが始まりました。

正直に言うと初めはそこまで印象が良かったわけではありません。

こちらがファイティングポーズ(おかしな所を見つけてやる的な)を構えて相対していた事もありますが。笑

紹介してもらった不動産投資物件の将来の事業計画表は、空室リスクや家賃下落リスクを全く加味されていなかったので、良い所だけを見せようとしているんじゃないかとか。当時思いました。

ですが、担当してくれた佐藤さん(仮名)はとても丁寧に対応してくれて、自分の知っている範囲で情報を伝えようとしてくれました。

佐藤さんは若いので、もしかすると不動産投資の知識だけでいうとネットや書籍で充分な勉強をしている不動産投資初心者の方が知識はあるかもしれません。

佐藤さんとの出会いからなんだかんだありながら、最後に購入した物件は取締役が相手してくれました。丁寧で優しい佐藤さん、しっかりしていて、話術があり、ポイントの抑え方がうまく、作業が早い取締役。私にとってはとてもやり取りが楽しかったです。

不動産投資物件を購入するまで全5回の記事を紹介しますので、興味のある方は読んでいただけると嬉しいです。

→GA technologiesの評判 不動産担当者とのやりとり1

→電話面談の続き(不動産投資リスクの説明) 担当者とのやりとり2

→上席者現る!大阪東三国の物件紹介を受ける 担当者とのやりとり3

→東三国から北区(天六)の不動産物件に変更? 担当者とのやりとり4

→ついにサラリーマン大家になりました!実際に買った不動産投資物件の詳細を公開します!!

業績が良いこと

いくら担当してくれた人柄が気に入ったからといって、14百万円の不動産投資物件をポンと購入できません。

次はGA technologiesの業績という点にポイントを置いてお話します。

会社の安全性を図るために利用した主な指標は売上高と利益です。

売上高

経常利益および当期純利益

設立が2013年3月ですので、2018年11月現在で5年8か月たっています。

2016年の経常利益および当期純利益を除き、右肩上がりになっていることが分かります。

2017年の売上は約100億円です。私は2017年に不動産投資物件を購入しましたから、その購入代金の14百万円がGA technologiesの売上の約0.14%に貢献したという事ですね笑

2018年7月には、マザーズに上場を果たしました。

上場当時の事も記事にしていますのでご参考下さい。

このような右肩上がりの業績だったので、会社の財務安全性という観点では問題ないと考えました。

→GA technologiesが上場へ 不動産購入者目線の感想

ITを柱に事業を行おうとする姿勢であること

GA technologiesが信頼出来るという内容で、最後に紹介したいことは、将来性への裏打ちです。

過去の実績から業績が拡大していることは既に分かりましたが、将来の展望についてもGA technologiesがどのように考えているかは重要な要素でした。

「不動産×IT」

今の時代、基本的にはどのような会社も少なからずITを取り入れています。

ただ、GA technologiesはこのITについて積極的に取り入れようという姿勢に好感が持てました。

HPにおいて以下のような社長メッセージがあります。

創業してから一貫してユーザー利便性の高い不動産サービスを目指し、テクノロジーを活用したエンド・トゥー・エンドの不動産流通プラットフォームの構築や次世代の不動産取引のため多様な不動産データの集約を進めてきました。また社内業務においても、AI・RPAによる効率化やデータ活用による業務改善、働き方の改善に積極的に取り組んできました。

情報やデータは今後、会社が成長する上で欠かせないものとして認識し、積み上げ、活用している点に将来性を感じました。

その一環として、不動産に関連するアプリを開発リリースしています。私が利用した感想を記事にしていますのでよろしければご覧ください。

→不動産投資アプリ「Renosy」の評判は?実際に利用した感想をお伝えします

→不動産投資アプリRenosy Insightで不動産投資物件のシュミレーションを確認してみました

無理矢理不動産投資物件を紹介してこなかったこと

初めての不動産投資物件取得にGA technologiesを選んだのは、無理矢理不動産投資物件を紹介してこなかったことも理由の一つです。

不動産投資を始める前は、電話や資料請求をしてしまったら、不動産投資物件を無理矢理勧めてこられ、怖い思いをする事があるのではないか。という不動産会社のイメージがありました。

実際に怖い思いはしたことありませんが、面倒くさい不動産会社はありました。

GA technologiesに関しては、担当者の佐藤さんが丁寧で優しいので安心出来ました。

購入してから1年半ほど立ちますが、今でもGA technologiesさんから無理矢理に物件紹介される事はありません。

むしろ、2件目の不動産投資物件を購入するならこの条件。として私が佐藤さんに提示している条件に合致する物件が出回ってこないようです。

佐藤さん
kaiさんが希望しているエリアと価格と利回りでは、今の状況では出てこないですよ。エリアが○○でよければ。。。物件価格が○○でよければ。。。希望する物件が出てきたら連絡します。。

といった状況が1年くらい続いています。

kai
サラリーマン大家である私が2件目を保有する理由の大部分は、不動産投資物件の収益性が高いことです。そのため、条件はきつめに提示しています。

管理手数料が安く仲介手数料がないこと

次は、不動産投資にGA technologiesを選んだ理由を紹介します。

ずばり、管理手数料が安く仲介手数料がないことです。

色々な不動産会社に資料請求を行ったり、面談に行ったりしましたが、1,080円/月の管理手数料は最安でした。

一般的には3,000円/月の会社が多いので月額2,000円の差が出ることになります。

仲介手数料は一般的には物件価格の3%から5%と言われていますので、14百万円の不動産投資物件で仲介手数料が4%とした場合56万円の差が出ます。

仮に5年間保有を続けた後に売却する場合は、管理手数料差額と仲介手数料との合計で68万円の差になります。

kai
月々の管理手数料が安いので、長期保有を考えている方は、GA technologiesの恩恵を最大限受けられるという事ですね。

不動産会社の選び方 なぜGAは信頼出来たのか まとめ

初めての不動産投資物件購入にあたり、不動産会社を選ぶ必要があるわけですが、なぜ私がGAが信頼が出来ると思ったのかお伝えしました。

それぞれの不動産会社で特徴・長所・短所はありますが、不動産投資で儲ける事が出来るかどうかに関しては私たち購入者側の問題による所が大部分を占めます。

特に私が購入した築浅の区分所有マンションは、空室にならず価値の下がらない不動産投資物件を見つける事がほとんど全てといっても過言ではないと思います。

ですが、購入という最後の一歩を踏み出せるかどうかは、その担当者が信頼出来るかどうかの方が意思決定に影響を与えます。

佐藤さんという担当者と取締役が相手してくれたからこそ、私はGA technologiesという会社で不動産投資物件を購入する事にしました。

GA technologiesとは大阪支社の開所祝いに伺ったり、上場・大阪支社の移転記念パーティに呼んでいただいたり、今でも近い距離間の付き合いをさせてもらっています。

→GA technologies無料DVDとパンフレットの請求はこちら

 


せっかくなので直近であったパーティの感想もリンクにて紹介しておきます。よりGA technologiesの雰囲気が分かると思います。

→GA tech party(大阪支社)4回目に参加した感想

また、現在不動産投資物件を購入して初めての空室という、恐れていた事が発生中です。

12月の早い段階で次の入居者が決まりますように。。。

→GA technologiesから購入した区分所有マンションで空室初体験

最後に、30代妻子持ちの私がサラリーマン大家になるまでの道のりの中で、どのような考えや行動をしていたのかを記事にしています。

こちらは長文にはなりますが、これから投資用中古区分マンションを探す、不動産投資初心者の方の参考になるかと思いますので紹介しておきます。

→不動産投資初心者の始め方 サラリーマン大家になるまでの体験記